billboard

会社概要・沿革

 

会社概要

代表取締役 榎 本 良 夫
住所 〒252-0101 神奈川県相模原市緑区町屋1-1-5
設立 1915年
TEL 042-782-2842
FAX 042-782-4461
E-Mail info@enomt.co.jp
取引銀行 三菱東京UFJ銀行橋本支店,横浜銀行橋本支店,八千代銀行二本松支店 
生産・販売品目 スクリュープレス(20~2000トン)

サーボモータースクリュープレス(150~2000トン)

 

企業理念

三本の矢
  • たゆまなき新規開発

  • それを持っての広い海外市場開拓

  • それらを実現させる若手人材の育成

会社運営の基本方針

 
  • 観察力を磨く

  • 常態化から脱する

  • それをもって無駄を排除する

 

本社ご案内図

アクセスマップ

沿革

大正 4年 (1915) 初代榎本新太郎個人経営の榎本鉄工所として、板金・鍛圧機械及び関連器具の製造を、東京九段において開始する。
昭和20年 (1945) 第2次世界大戦で工場全壊。
昭和24年 (1949) 東京豊島区の池袋本社工場が戦災で焼失後、東京都府中市8889番地にて生産を再開。
昭和29年 (1954) 前株式会社榎本鉄工所に組織変更。
昭和41年 5月 (1966) 営業部門として榎本機械商事㈱を、東京都千代田区神田神保町2の32に設立。
代表取締役 榎本福吉
昭和43年 1月(1968) ㈱榎本鉄工所の業務繫雑の為、修理部門と小型機種製造の分離をはかり、榎本機械商事㈱城山第1工場を神奈川県津久井郡城山町川尻3139に建設し製造を開始。
昭和54年 10月(1979) 榎本機械商事㈱城山第2工場を城山町川尻3163-4に建設。
昭和57年 11月 (1982) 経営合理化の為、榎本機械商事㈱本社を千代田区より城山第1工場敷地内に移転
昭和59年 1月 (1984) ㈱榎本鉄工所の敷地周辺が市街化され、製造続行が困難となった為主要設備と人員を榎本機械商事㈱に統合。
昭和59年 10月 (1984) 榎本機械商事㈱溶接工場を、城山町川尻3228-7に建設
昭和63年 9月 (1988)

榎本機械商事㈱(資本金4,500万円)より分離独立させ、製造・販売その他の全業務を引継ぐために、榎本機工㈱を城山第2工場内に設立。

昭和63年 12月 (1988)

榎本機工㈱業務開始

平成11年 (1999)

外国人研修生用の寮「エノモトインターナショナルハウス」を建設。

平成13年 (2001)

第31回中堅・中小企業新機械開発賞受賞 「サーボモーター駆動スクリュープレス」エンジンバルブ熱間押出しライン発売

平成14年 (2002)

サーボモーター駆動スクリュープレス 500ZES型発売
直動型サーボモーター駆動スクリュープレス150DS型発売
スクリュープレス加工機による新技術開発-高強度マグネシウム合金の創製

平成15年 (2003)

東大先端科学技術研究センターの「戦略的研究拠点育成事業」中間報告会で発表。

平成16年 (2004)

800T鍛造用サーボスクリュープレス製作

平成19年 (2007)

生産量の8割がサーボ化

平成20年 6月 (2008)

神奈川県モデル工場に認定
300トンサーボスクリュープレスによる黄銅中空鍛造用全自動装置発売

平成21年 2月 (2009)

雇用創出1400社に登録

平成21年 6月 (2009)

リアーアクスル鍛造ライン発表

平成27年 2月 (2015)

創業100周年。至近の土地に新工場落成し、移転。

 

納入機・稼動例(海外)

タイ
韓国
台湾
中国
インドネシア
インド
ベトナム
スイス
2001-2003 copyright© 2009.2.24 榎本機工株式会社.